上演台本を、もっと手軽に、読みやすく。

Nichecraftでは上演台本の装丁および製本も請負っています。

一冊一冊手作業なので大量生産には向きませんが(20~50部程度が上限)、ロット発注の過剰在庫に溺れる心配もありませんし、印刷所には頼めないような変則小細工も可能です。

世の小劇場で売られる味も素っ気もないA4コピーの上演台本が脚本家志望や批評家気質の人や一部の熱烈なファンの方々の興味しか惹かないことが多い中、そうじゃない人たちにも手に取るくらいしてもらえるようにと、なんなら『ジャケ買い』していってもらえるようにと作りました。「戯曲が市民権を得るために」みたいな大それた目的こそないけれども、どうせ売るならきちんとした本を売りたいし、どうせ買うならきちんとした本を買いたい、という思いは誰しもあるはずだと思っています。

上演台本は原則として公演会場でのみ販売いたします(通販などはありません)。これは「上演台本」と「上演」が切っても切り離せない関係にあることと、この一冊を「わざわざ劇場まで足を運んだ記念に」手にとってもらいたいという考え方によるものです。

Nichecraft文庫 シリーズラインナップ

料金体系は以下のとおりです。依頼のさいはご参考にしてください。

製本材料費(表紙および本文に使用する用紙代、印刷費など)全額+一部利益(販売価格の15%×製造部数)+作業スペース料(条件による)