ロゴデザイン自給自足コンペ

きっかけは、名刺を切らしている状態が長らく続いていたことでした。
名刺を切らしても実はそれほど不便は感じないのですよね、最近は特に。連絡先なら携帯ひとつで簡単に交換できてしまうし、ついにはLINEの普及で電話番号もメールアドレスも知らない相手と連絡を取りあうことさえ可能になった。

それでも、この仕事していて名刺をもらう機会は相変わらず多いです。連絡先なら人づてに聞いても手に入るけれど、名刺は会わなきゃ渡せない。「実体をともなった紙」の質感は、単なる個人情報である以上に贈答品の一種として、もらった相手の実像とともに記憶に刻まれます。ましてや私たちは小道具製作を主とする集団、「実体をともなうもの」に拘らずしてどうするのか、やはり名刺は必要だ、作ろう、となった時にハタと気付きました。Nichecraftに、これといったロゴが存在していなかったことに。

ジョナサンズや牡丹茶房など他団体のロゴデザインを製作した実績はあるのに、自団体のロゴがない。これはちょっと、どうなのだろう。そう考えた私たちは即行動に移り、4つのデザイン案を生み出しました。しかしどうにも決めきれない。そこで皆様のご意見を賜りたいのです。

題して、「Nichecraftロゴデザイン・自給自足コンペ」。
最も得票数の多かったロゴが、今後のNichecraftを象徴する顔になります。

余談ですが、2008年に辻本が一人でその屋号を名乗ることから始まったNichecraftは、来年で10周年を迎えます。だったらいっそ10周年記念イベント的なものにすればキリがよかったのかもしれませんが、「このタイミングで気づいてしまった」、「10周年まで待ちきれなかった」、などが偽らざる本音といったところです。

受付期間は9/1〜9/7の1週間です。
投票は以下のURLからフォームに飛んでいただき、いいなと思ったロゴの番号を選択し、送信するだけ。どなたでも簡単に、最短3秒で投票できます。
うかつにも9年間ロゴを持たなかった団体に、あなたの3秒間をお貸しください。


9/8 追記

投票総数91票のうち、得票数47票で新しいロゴは下記のものに決定しました。
今後もNichecraftをよろしくお願いいたします。


新規メンバー加入のお知らせ

2017年1月10日付けで、Nichecraftに新しいメンバーが増えました。

 はじめまして、西田麻梨果(ニシダマリカ)と申します。
 このたびNichecraftに加入させていただくこととなりました。

 武蔵野美術大学に在学しています。きちんと単位が取得できていれば来年度には三年生になっています。なので、普段は絵を描いたりすることが多いです。演劇については、演劇というものがあると知って関わり始めてから5年近く経とうとしています。どちらについても、いろいろと、まだまだな時期です。

 目に見えなかったものが、すこしずつ見えてきたり、目に見えないままの形でも、作ったモノであったり状況であったりを通して見えてきたりする様子がたのしくて面白くて、すこしずつになっても続けようと思っていた演劇であったり絵を描くことなどの表現活動を、(辻本さんの気まぐれだったんじゃないかとふっとよぎる不安はまだ少しありますが!)こうしてお声をかけていただいて、広げられる場にいられることはとてもありがたくて、嬉しいことです。
 小道具の製作をする者として、表現をする者としてはまだまだド新人です。ですが、またここから自分の使える経験を使えるだけ使って、だれかと話したり、見えないものを想像したり、考えたり、手を動かしたりしながら、いろんなものを見たいなあと思います。わくわくな、楽しみな時期です。
 どこかでお会いさせていただく時がきましたら、よろしければその時はまた改めてごあいさつさせてください。どうぞ宜しくお願い致します。

西田麻梨果

なお、加入タイミングとは前後しますが、西田が小道具製作およびボディペインティングを担当した作品「蝶々の纏足」が蛛式OZculumのサイトにて公開されております。こちらもあわせてご覧ください。

今後ともNichecraftをよろしくお願いいたします。

オカムラ企画について、無期限延期のご報告

今年の秋ごろ開催とお知らせしておりました、Nichecraftオカムラ企画「ビーズフィッシュの小さな海」を、
無期限延期いたします。

経緯を簡単にご説明します。

演劇「だけじゃない」小道具創作活動の一環として、都内のレンタルボックス等で手作りアクセサリーを販売する企画「ビーズフィッシュの小さな海」はスタートしました。全体の構想や進行はオカムラユカが主体となって進め、私(辻本)は進捗管理などのサポートに徹していました。
企画はエイプリルフールのネタばらし(つまり4月)から始まり、数回の打ち合わせと、告知なしでの試験的なプレオープン期間を経て、9月上旬の本格始動に向けて商品ディスプレイや宣伝の方法など具体的なことを話し合う段階まで来ていました。

ところが、8月下旬ごろ突然オカムラからの返信がなくなり(いわゆる「既読がつかない」というやつです)、メールや電話での連絡も取れず、開店準備の具体的なプランを決められないままオープン予定日を大きく過ぎてしまいました。

以上の経緯を踏まえ、年内に「ビーズフィッシュの小さな海」を開催することは不可能との判断を下しました。


ここまでが事務的なリリースです。


オカムラが単に連絡を怠っているだけなのか、連絡できない何らかの理由があるのか、それはわかりません。共通の知人を介してご家族とのコンタクトは取れたため全くの消息不明というわけではありません。
ですが、現在も本人からの連絡はなく、音信不通状態が続いています。

状況が把握できないことには対処のしようもありませんし、困惑はしていますが別に責めたいわけではなく単に無事を確認したいだけなのです。
もし、詳しい事情をご存知の方がいらっしゃいましたら、情報をお寄せください。
何卒よろしくお願いいたします。

2016年11月1日
Nichecraft代表 辻本直樹

「Nichecraft文庫」製本請負時の料金を改定しました。

年度初めのタイミングに合わせ、平成28年4月以降、Nichecraft文庫のサービス料金を改定します。

旧体系

A.製本のみ請負の場合:材料費+一部利益(販売価格の15%×製造部数)+作業スペース料(条件による)
B.小道具スタッフとしての登用に加え、その公演での製本も請負う場合:材料費+一部利益(販売価格の20%×売上部数)

新体系

小道具スタッフ登用の有無にかかわらず、材料費+一部利益(販売価格の15%×製造部数)+作業スペース料(条件による)
一回で発注可能な上限部数:50部

何が変わったのかというと、要するにBの条件がなくなります。

面白い作品でなければ上演台本を買ってまで読もうとは思わない。それは全くその通りで、実際に終演後物販での上演台本の売れ行きと芝居のクオリティは面白いほど比例関係にあります。
小道具スタッフとしてその現場についている=その売れ行きの如何に自ら影響を及ぼしているのだから、売り上げた分だけ還元してくれればそれでいい、という考え方で今までやって来ましたし、それは今後も変わらないのですが、「今回はスタッフとして呼ばれなかったけど前回の台本も販売したい」というようなケースにおいて、従来の料金体系では計算がおそろしく煩雑になってしまっておりました。
今後は、たとえば30部作ったら、30部完売しようと1部しか売れなかろうと、同じ料金をいただく形となります。ただし、Bのケースでも「販売価格の15%」となるので、30部完売した場合には旧体系より劇団側の利益は増える計算になります。
また、これまで明文化していませんでしたが、すべて手作業での製本となるため製造部数の上限を設けさせていただきました。
何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

お問い合わせ先不通のお詫びと振替アドレスのご案内

先月頃から、info@nichecraft.org宛のメールが届かないというお問い合わせを複数いただております。

原因は不明のまま(迷惑メール類は問題なく受信しているという別種の問題が発生しています)ですが、お手数とご迷惑をおかけして申し訳ございません。

代替手段として、当面はnichecraft+info@gmail.comまでお送りいただけますと幸いです。